So-net無料ブログ作成
釣り&食 ブログトップ
前の10件 | -

幸せマグロ [釣り&食]

お友達の長老(ニックネーム)からキハダマグロを1本送って頂きました。(感謝)

RIMG_0996.jpg

全長1.2mの発砲ケースに氷詰めで到着

産地は鹿児島と奄美大島の間くらいかな?

そう昨年皆既日食で有名になった悪石島周辺です。

ここは黒潮が付近を通過していて、全てがデカイ! 

そこで先ず、餌になる鯵を釣って、その鯵にデカイ針を着けて自由に泳がせてやるんだ。

マグロ君はその鯵を見つけてバクッと食いつく。

すると直径10センチぐらいあるリールの糸がミルミル間に引き出され痩せてゆくんだ。

そしてマグロは疲れて一瞬止まる。 そこからアングラーの反撃が始まる

それを竿とリール手で巻きながら立って釣るんだ。

あとは魚とのファイト(格闘) マグロが勝つかアングラーが勝つか!

48457404_1235902801.jpg

たま~にサメが横取りをしてゆく事もしばしば。

48590255_3387233974.jpg   (写真拝借)

よくブルーマーリンとかでデカイクルーザーの後ろで座ってカッコよく釣るのとスタイルが違う。

そうやって釣ってくれたキハダマグロ、貴重な一匹。

 

 

RDSC05839.jpg

魚は20K弱って感じです。 それを乗せるまな板がsuesanの家にはあります。 (自我自賛)

 早速裁いて、柵取り、あらは煮て、・・・

食べ初めて慌てて写真撮ったから、形崩れちゃったけど・・・

RDSC05840.jpg

早速お刺身で・・・・

RDSC05841.jpg

柵にならなかったのはブツにして漬けで・・・・

RDSC05842.jpg

中落ちは叩いて、ごま油、ゴマ、コチジャンでユッケ風に・・・・

RDSC05844.jpg

ユッケ丼 ガーリックラー油乗せ

RDSC05845.jpg

マグロのカルパッチョ。 手前はガーリックをまぶし炙ったもの。

上に乗っているのはタマネギとクレソンのミジン切り。

RDSC05846.jpg

脳天と目玉肉の大根炊き合わせ。

 

美味しゅうございました。

このマグロはsuesanの周りにいる人々も幸せにしたのでした。

 感謝、感謝! 

 


nice!(1)  コメント(0) 

イカシテル! [釣り&食]

先週は落ちてました。(穴じゃないですよ! 精神的に・・・ )

風邪ひいたり、パンクしたり・・・・・

風邪ひいた原因は先週末に行ったイカ釣りかもしれません! そう15日の日でした。

9月だというのに、猛暑で船の上は日差しを避ける事もなく・・・・・ 

帰ってきたら、ゾクゾクと・・・・ 多分熱中症でしょうか?  発熱に加え、喉の痛み、咳、と風邪に移行していったのです。 結局1週間引きずっちゃいました。  

 

そんな訳で今週の3連休は釣りに行かず、自宅でマッタリしております。 

さて、タイトルのイカシテル! ですが。 イカ出来上がっています。

つれたてのイカです。

沖干です。こうすると甘みがぐ~んと増します。

これはサッと炙って食べるだけです。 

生姜醤油やマヨネーズに七味なんて美味しいですよね!

塩辛です。ちょうど一週間たって味もまろやかになりました。(ゆず風味にしてみました)

沖漬けです。

これは持って行った沖漬のタレの中に生きたままのイカを投入。海水の代わりにタレを吸い込ませてしまう漁師料理です。  あとは自宅で1~2日冷蔵庫で味をなじませて、一回冷凍します。(寄生虫を殺す為です)   あとは食べる少し前に冷凍庫から出して、半解凍の状態で輪切りにして、内臓ごといただきます。 

そして新兵器!「むけるっちゃ~G」 

この手袋を使うとイカの皮が簡単にむけちゃうそうです。 

先日「思いっきりテレビ」で紹介していたんですが、どこにも売ってなくてネットで買っちゃいました。700円?

こんど使ってみまぁ~す。


nice!(0)  コメント(5) 

釣った魚で乾杯! [釣り&食]

昨日は釣り仲間であるチカちゃんが、八丈島で魚を沢山釣ってきたのでその魚を食べよう!って企画で色々な仲間が五反田に集まってきた。 

これがそのお魚! 

八丈島で採ってきたんだそうです。 このほかに目ダイとかも沢山!

そして、特別ゲストが・・・・・

つり人なら知らない人はいない! つり界の大御所 「藤井魚聖」さん! 

シマノ提供の「つりロマンを求めて」も出演中

http://www.tv-tokyo.co.jp/tsuri/cast/fujii.html

つりの事やら業界の事やら、楽しかったです。 

面白かったのは、魚聖さんって普通のサラリーマンなんだって! NTTの社員でテレビ撮影の時は有給休暇を取って撮影に出かけるんですって!  へぇ~ 

これだけの人でも、釣りじゃ食べて行けないんですね!

でも、釣りの話ってホントに面白い! 

こんど魚聖さんと一緒に釣りに行きたくなりました。

きっとそんなチャンスは訪れそうです。ご自宅の名刺頂いたし・・・・・

左の方は仕掛けの「ハヤブサ」の方

最後にみんなで記念撮影して・・・(魚聖さんは先に帰られました)

写真の女性がチカちゃんです。

本当は翌日釣りに行く予定でしたが、寝坊しました(トホホ・・)

 

 

 


突然の別れ (>_<)ゞグスッ [釣り&食]

昨夜は惰性というか暇つぶしというか、病気と言うか?

また釣りにいってきました。 

久しぶりの夜釣り!「夜メバル」です。 

いつもの、川崎の釣り宿に17:00に到着。 

すると気の早いメンバーは既に乗船しており、準備完了状態。 

通常の釣りだと朝5時くらいだから12時間も後なので、早起きも必要ないから、体力的にも楽チン楽チン!

出船は17:30分 船宿を出て15分でポイントに到着。 

メバルの竿は食い込み重視なので柔らかく、長めのロッドが向いているのであるが、そんなロッドは持っていないし・・・・

今回はスピニングの「キス竿」を使用しました。(6ft)なのでちょっと短かめでハンデあるかも・・・・と思いながら、餌の青イソメをチョンがけして海中に投入。

まもなくブルブルという引きに続き、グングンという引きに変わる。

本命メバルの登場です。 サイズは23cmでレギュラーサイズよりちょっと大きめ!

それから30分で5匹をゲット。 このまま行けば30匹は硬いですね!っていうと、メンバーは「そんな事ないだろ! 止まるよ!」って!

案の定、1時間後7匹釣れた所で当たりはピタリと止まった。 

それからは沈黙の時。 釣れない! どうして!

 

タイトルの突然の別れ!って魚のこと? 

違う違う! もうちょっとお付き合いを!

船長からの合図で船を流し変える。  するとポツポツ。 

今度はカサゴも混じる! カサゴの当たりはメバルと少し違う!

初めからガンガンと引いてくる。 (ひき味はカサゴの方が強烈かな?)

結局21時の終竿までにメバル11匹、カサゴ5匹、小メジナ2匹、小鯵1匹と3時間の釣りとしてはまぁまぁの超釣果。 

そして片付けをして、船は港へ戻ったのでした。 

そして・・・・・・・・船が走っている途中の出来事!

            ↓↓

            ↓↓

            ↓↓

            ↓↓

            ↓↓

             ↓↓

それは突然やってきたのでした。 

走り始めて2分後、片付けも終わり、船べりに立てておいたロッドに手をかけようとした瞬間! 

そのロッドは突然フ~ッと宙に浮き上がったのです。 

私は一切手を触れていません。 マリック?セロ? 

そしてそのロッドは・・・・・・海中にフワ~ッっと去っていったのです。 

まるでスローモーションの様にゆっくりと! (あ~あ~っ~ぶお~っ)

去年買ったばっかりのロッドに10年も使ったお気に入りのリール! 100m4000円のPEライン! さようなら!

どうせならコバルトグリーンの海でゆっくりとさせてあげたかったのに!

あんな川崎の海で眠る事になるなんて! 

きっと明日にはヌルヌルになりだんだん緑色になって・・・・・・あ~かわいそう!

もっともっと大切に使ってあげればよかったなぁ~ 

カサゴはから揚げで!

メバルは塩焼きで!

 

 

 


本命はあなたじゃないよ!! [釣り&食]

久しぶりの更新です。 三日坊主以下ですね!

昨日は逗子:小坪港、椿丸から「カイワリ・アマダイ」狙いで出かけてきました。

朝3時に起床。 自分でお弁当を作る!(けっこうマメでしょ!) 当然奥様は就寝中。

3:45に出発し、途中相方をピックアップ!

5:30には小坪港へ到着。 心配した天候もどうやら回復の兆し。

身支度を終えて乗船! 海面を見ると!! ギョエ~ッツ!!  

異常潮位!! ちょうど大潮の満潮もあるのだか、平常水位を遥かに超え、波止に浸水している。 そして潮も異常に澄んでいる!  こんな小坪の海は見たことがない!

異常気象! 地震の前ぶれ? 南極の氷でも解けたのか?

中乗りのシでョウゴ君に聞くと「ここの所海の状況がおかしい!」との事。 「夏の海は終わり冬の前の海になっているよ!」と!

まぁそんな心配しても仕方ないし! 今日は楽しもう!と気持を切り替える!

6:30出船。 海上はベタ凪状態。 目的の沖の瀬までエンジンフル回転。 走る事45分で沖の瀬に到着。   

仲間の探検丸(魚探)で海底の地形を確認。 

ここは1000m以上の海底から一気に100mまでかけ上がっている場所。 こういう場所に魚はいるんです。 

船長の合図で一斉に仕掛けを投入! 

一投目からピクピクと心地よい引き! 100mを巻いてきてみると「トコットメバルの一荷」それもgoodサイズ。  

刺身にしようか? 塩焼きか? それとも定番の煮付けか? 

続いてもう一匹ゲット! 今日は調子いいじゃん!なんて心に思ったのが運のつき。 

(よくよく考えてみれば、最近の釣行で幸先が良かった場合、最終的にロクな結果にならないんです。)

それから続きません!  船を流し変える度にポツリポツリと拾いづりとなってしまった。  

船長もたまらず、「場所かえまぁ~す」とそこを諦めた模様。

新しいポイントまで30分。 沖の瀬から北東に進路を変え、千葉県洲崎沖へ到着  

近くには潮目が見えるし透明度も高い!  夏の海ならシイラが見えるハズだか確認もできない。 やっぱりもう夏の海は終わってしまったのか?

仕掛けを投入すると!! ギョェ~ッツ! 潮が早い! ぶっ飛び過ぎ!

それも2枚潮どころではなく3枚潮。(底の潮、中層の潮、表層の潮の流れの方向が違う) 

そこからは怒涛のお祭りラッシュ! 隣とお祭り、一つおいて隣とお祭り、反対側とお祭り、 時には4人で夏祭り

今度は潮目との勝負となる。  潮目が近づくと移動!の繰り返し!

とはいえ、潮が流れているという事は魚が釣れる条件でもあるし。

 

天候はすっかり回復し真夏状態! ジリジリと肌を焼く! 暑い!

初参加のメンバーは暑さでダウン! 戦意喪失。

 

 

さてさて今日の本命は「カイワリ君」 でも

だれにもヒットはない。

 

時たま姿を現すのは、カラフルな「連子ダイ」「赤イサキ」そしてベタ底の「ヒメ」

さらには、お祭りに拍車をかける「サバ」

 

クーラーは色とりどりの魚で賑やかです。

 

結局最後まで、本命の「カイワリ君」は姿を現しませんでした。

 

いつになったら「カイワリ君」に会えるのかな? 


見た目はグロテスクですが [釣り&食]

見た目はグロテスクですが、お味は抜群!上品な太刀魚釣りです。

昨日はチームメンバー5名とシーズンの太刀魚釣りに行ってきました。

たしか、一ヶ月前に行って惨敗(2匹)で終った太刀魚釣行です。 

海の状況は1ヶ月前と大きな変化はなく、魚影は来いものの喰いが良くないようです!

裏を返せば、太刀魚の餌となる魚が多いという事なのでしょう!

この時期太刀魚といえばルアーで狙うのが我々の「掟」なのですが、今回は「掟破りの餌釣り」にもチャレンジ!  

弁解という訳ではありませんが「可能性を追求する!」という意味においてチャレンジしてみたのです。 

それも比較的新しい釣法の「ライト餌仕掛け」 従来のPEライン4号~6号の電動リールに80号の錘というヘビータックルではなくあくまでライト仕掛け!

ルアー太刀魚で使用する、ロッドにPEライン1号以下 それに30号の鋳込み天秤と2mのハリス。 餌はサンマやサバ! 

これが実に面白い! ルアーはいきなり「ガツン!」と来てファイトする釣りです。

それと比較してライト餌はガツンとくるまでの太刀魚が餌を捕食の感覚を敏感に感じ取れるスリリングな釣りなんです。 そしてファイトはルアーと同じ! 細いロッドなので引き味抜群です。

もう病みつき!! 

今回はチームメンバー5名のうちオヤジ3名がライト餌にチャレンジしたのでした。 

 

LT餌に変えて怒涛のスパートをかけ竿頭となった長老!

若手2名 JOHN君(奥Vサイン)とレイちゃんは終始ルアーで通していました。(誘惑に負けないエライよ!)

ルアーでは坊主が出るなか8本をゲットしたレイちゃん

(おそらくルアーではトップだね!)

  中山丸HPより! (奥の帽子は私)

常連ぶりを発揮! bossさん 本日も引き続き乗船だとか! 

相変わらずの太刀魚銀座

 

太刀魚銀座には約100艇が集合。 

今回の釣果です。

釣り人だけが食べられる味  私のお薦め「タタキポン酢と炙り刺し」   

定番の塩焼きですね! 

また時間があったらいってきまぁ~す。


だから太るんです。 [釣り&食]

先週末はのんびりとキス釣りに行ってきました。

キス釣りって、自分にとって「釣りに行くぞ~」ってまったく意識しない釣りなんです。 

道具も適当にあるし(ボロボロですが)仕掛けも買いだめしてある。

そいつらをバッグに詰めて、クーラーボックスもってGO!!

それに、さほど早起きする必要もないし、近いし!

そんな訳で、釣りの写真など撮らないのです。

今回はいつもの、川崎・つり幸さんの午前船7:00~12:00

釣り場も横浜沖の「中の瀬」水深15m  

キス釣りシーズンとしてはそろそろ終盤ってとこでしょうか!!

 

でも天気も良いし、波もない! 

コンビにで買ってきた冷凍枝豆を外に出しておけば、一時間程で解凍終了!

ビール片手に! ウメェ~

だから太るんだよ! 

釣果は半日でキス20匹トラギス15匹とおかず釣りには充分。

適度にキスの引きを味わえました。 

でもキス釣りってその後が大変です。 一匹一匹鱗落として、内蔵処理して・・・・  天ぷらなら背骨とって!! 

そんな訳で今日は天ぷらな気分! それも天丼ってことに!

天ぷらネタは

キス×3、アナゴ×2、エビ×2、大葉×2、アスパラ×2、ピーマン×1、ナス×1、オクラ×1  もちろん丼タレも自分で作ります。

奥はミズナとジャコのサラダ! と サーモンの入った潮汁(味噌)

ご飯も大盛り!  

だから太るんだよ! 

九月の定期健診までになんとかせねば!(悲!)


小学生に負けた。 [釣り&食]

先週土曜日に太刀魚ジギングに行ってきました。

メンバーはいつもの懲りない面々4名(あえて書くのはやめておきます)

太刀魚のつり方って、餌で釣る方法とジグ(鉛の疑似餌)を躍らせて釣る方法に2種類があります。 

今の時期は超浅場(水面~8m)に太刀魚の群れが居る為、ジギングが有利なのです。 まぁ私たちはどんなに深くなろうと(150m)ジギングに拘るのですが・・・・・

そして、夏は浅い分手返しが良く、数釣りを楽しむ時季なんです。

ですから、期待はクーラー満タン!早上がり!

そんな夢を見ながら・・・・・・

結果は惨敗です(いつもの事と言えばそうなのですが・・・)

でも決して魚が居なかった訳ではありません。 ただ下手くそなのです。

常連さんは、右を見るたびヒョ~イと魚を上げていたのです。

懲りない面々はそれを見るたび首を傾げ、寡黙になってゆくのです。

口々に「まただよ!」「なんで~」「釣れない」「おかしい」「魚は

いるんだよねぇ」「ジグの色?」「重さ?」

そんな事を繰り返し、どんどん集中力がなくなってくる。 何を信じて良いのか判らなくなってくる。太刀魚釣りってこんな釣りなんです。

でも、その常連さんは14本もGET! なんと裏側にいた小学生ダイキ君は13本もGETしていたのでした。 それに比べて、懲りない面々の合計は10本です。

あぁ~情けない! 

私はこれだけ! 

この太刀魚はお刺身(抜群に旨い)と塩焼きになりました。

今度美味しいお刺身の食べ方掲載しますね!


ひさびさに満足 [釣り&食]

昨日は一年ぶりのシイラ釣行に我がチーム 

「team funky fakers」のメンバーで行って参りました。 

その数15名が2船のチャーター船に別れていざ相模湾の沖合いへ!

心配していた天候も絶好の釣り日和に変わってノープロブレム!!

今回はシイラ初挑戦のメンバーも4名もおり、何とか釣れてくれたらと祈りつつ走る事30分。 

船長のハイ投げてみて!の合図に、各人思いを込めたコ・ダ・ワ・リのルアーを思いっきりキャストしたのでした。なにせ一年ぶりですからねぇ~

因みに私は毎年第一投目と決めている「カーペンターのアネモネ」をビヨ~ンとキャストしたのでした。

そして!! キターッ!

 

グッドサイズ! 1mぐらいかな!

でも、口からフックが外れてエラにスレががり・・・・・ 

コレぐらいのサイズでも結構引くんです。 2Kgに設定したドラグがギィ~ッギィ~ッと出て行って・・・・ いや~気持ちいい~っ

でもPEライン2号だったので強引にゴリゴリ巻いてランディング完了。

気がついてみれば、我が船は合計20本以上にランディングとなりました。

久々にみんな大満足! 

シイラ初のスゥ&れいも、シイラのパワーに最初は青ざめながらも無事シイラをゲットしたのでした。 よかったよかった!

 

最後に全員で記念撮影して船宿でお昼ご馳走になり解散しました。

PS:私たちは船宿の近くのソレイユの丘というところでお風呂は入って帰りました。 海洋深層水のお風呂は傷口にしみます!!


奥が深い 3月12日 [釣り&食]

3月12日

横浜港未来でつり関係のショー「ジギングショー」か開催され、チーム仲間とのぞいてきました。

そこには、いつもお世話になっている船の船長や、業界の重鎮というべきか猛者というべきか、頑張っておられる方々が大勢参加されておりました。

相模湾 長井港 の○雅丸船長の後ろ姿! 前は写さない方が良いでしょう!

下記写真は「チャーマス」こと北村秀行氏! ジギング(海でのルアーフィッシング)のパイオニアの一人でもあります。

彼の釣りに関する探求心は半端ではありません。 この講義でも、黒潮の流れによる今年の予測やタイ・ヒラマサの活性に関する情報を余す事なく披露していただきました。  まさに現場を知り尽くした生の情報でした。

開場はチトこじんまりとはしていたものの、ジギングファンには興味深い内容のショーでしたね!

でも初心者やエサ釣りの方には難しかったかもしれませんね!


前の10件 | - 釣り&食 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。