So-net無料ブログ作成
検索選択

ラスト40分 [釣り]

昨日は定例の椿丸・・・・・・ 釣りです。

今回の狙いはイナダを釣ります。 それもカッタクリというやり方です。

カッタクリを簡単に言うと漁師がやっている手釣りです。

DSC06112.JPG

こんな太い糸をスルスルと海に落とし、バケという疑似餌を海中で躍らせて魚を掛けるんです。

けっこうこれって釣れるんです。 でも・・・・・・・

まだ釣れているっていう情報が入ってきていない。 ポチポチぐらい。 

釣りの情報において、色々な情報の出し方がありますが通常は2~15とか裾2 竿頭15とか現します。

もっと大雑把な表現だと船中20とか・・・・ これは全員合わせて20匹ってこと。

ポチポチって表現は無いのですが平均2~3匹ぐらい言う超曖昧な表現。 (それも上手い人の事)

船宿だって、釣れていません!なんて言えないからね。 

そんな訳で、自分の中で思いっきり?????????????な状況の中で参加した。

だから新しい仕掛けとか買っていかなかったし。

DSC06119.JPG

江ノ島を通りこし

DSC06115.JPG

烏帽子岩を通りこし

釣り場は茅ヶ崎海岸から500mの水深20mの浅場

釣れて来るのはマルソーダ(かつおの一種だが血に毒素があり生食はNG)ばかり。 

後はさばばかり・・・・・・・

DSC06118.JPG

そんな訳で天気もいいので勝手に青空居酒屋と化す。

ほかの皆さんは一生懸命釣っていたよ!

でも「ゆるゆるなsuesan」はその場状況みて良い方法を取る。 

釣れない! とストレスを感じるよりも考え方を変え、楽しい方を選ぶ。 

だからビールを飲んじゃう。 枝豆食べちゃう。

そんな時間が5時間も続く。 釣れてくるのはソーダばかり・・・・・・・  んがぁ~

 

 これじゃアカンと船長も移動を決意。 ちょっと遅いんじゃない?



江ノ島沖を葉山に向けて戻ります。




葉山付近ではディンギー(小型のヨット)が列をなして進んでいる。 

まるで、蝶々が水に浮いている様だった。

 

ようやく葉山沖に戻ってきた。

私は鯵の仕掛けに変えるてお土産釣りに変更。 

ラスト40分 

底から5mで鯵の反応。  

型は20cm~30cm  

ホツポツとそのアタリを拾い釣り。

そして10投目、鯵の反応の後に急に重くなって「ずしぃ~ん」 根掛り? でもゆっくり揚がる!!

ハリスは2号 無理できないし・・・・・・・

揚がってきたのがコレ

DSC06126.JPG

マトウダイ でっかぁ~ 

船長も中乗りさんもびっくり! こんなデカイの居るんだねぇ~ って。 

厚さ6センチ、重さは1.5キロぐらいかな。 ズッシリ重く、グ~グ~鳴いてた。

結局鯵は8匹くらいをゲット。

なんとか夕飯のオカズは確保。 もちろんマトウダイもお刺身に!

DSC06129.JPG

DSC06130.JPG

左側がソーダです。 これは次回太刀魚釣りに使う餌として冷凍しておきます。

そして我が家の夕飯

DSC06131.JPG

左のお皿。 活サバの刺身、真ん中朝同じ海で取れた生シラス(購入してきました)、右は鯵の刺身

右のお皿。 マトウダイの刺身と肝のたたき。 肝醤油で頂きました。

 

結局、私はイナダは釣れませんでした。

冒頭の表現ですと0~3です。 船中6匹かな。   そうそう。イナダと言うよりワカシサイズですね。

 

やっぱり時期が早かったんでしょうね。

 

疲れたぁ


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。